Loading

体重の増減に振り回されない

体重の増減よりも痩せやすいカラダ作り

女性は体重の増減に一喜一憂する生き物だと誰かが言っています。
確かに体重が1㎏減っていたら嬉しいですよね。
しかしそこには落とし穴が・・・。

水を1L飲めば体重は1㎏増えます。
逆に水分が1L出れば1㎏減ります。
それは当たり前ですよね。
体重を減らしたいからと言って水分を摂らなかったり、食事制限をするのは危険です。
結果的に太りやすいカラダをつくることになりかねません。
私たち人間の体は成人だと約60~65%が水分でできています。
体内の水は大きく細胞内液と細胞外液に分けられます。
細胞内が体内の水分の約3分の2を占めていて、残り3分の1の細胞外液は体内を循環するリンパと血液、細胞と細胞の間に存在する細胞間液です。
血液はカラダの隅々まで酸素、栄養、ホルモンなどを運ぶ重要な役割を担っていると同時に、老廃物や過剰な物質を運び出し、体外に排出するという大切な働きをしています。
また、体内の血液は腎臓でろ過されています。血液中の不要物は大量の水と一緒にろ過され尿として排出されます。健康な成人で最低でも1日500㎖の尿を排泄しないと老廃物を出し切ることができないと言わています。
体内に老廃物を溜め込んだまま健康的にキレイに痩せられるわけがありませんよね。
なので、体重を減らしたいからと言って水分摂取を減らすのではなく、長い目で循環の良い痩せやすいカラダを作るように、しっかりと水分補給をしましょう。