電動スクータースピードダイヤル 買い物 ダイヤルサムスロットルアクセラレータスクーターフィンガースロットルアクセラレータホールセンサーほとんどのスクーターモデルの電動スクーター用 ホビー , プラモデル・模型 , プラモデル,yosa-laulau.com,/brawl494519.html,971円,電動スクータースピードダイヤル、ダイヤルサムスロットルアクセラレータスクーターフィンガースロットルアクセラレータホールセンサーほとんどのスクーターモデルの電動スクーター用 電動スクータースピードダイヤル 買い物 ダイヤルサムスロットルアクセラレータスクーターフィンガースロットルアクセラレータホールセンサーほとんどのスクーターモデルの電動スクーター用 971円 電動スクータースピードダイヤル、ダイヤルサムスロットルアクセラレータスクーターフィンガースロットルアクセラレータホールセンサーほとんどのスクーターモデルの電動スクーター用 ホビー プラモデル・模型 プラモデル 971円 電動スクータースピードダイヤル、ダイヤルサムスロットルアクセラレータスクーターフィンガースロットルアクセラレータホールセンサーほとんどのスクーターモデルの電動スクーター用 ホビー プラモデル・模型 プラモデル ホビー , プラモデル・模型 , プラモデル,yosa-laulau.com,/brawl494519.html,971円,電動スクータースピードダイヤル、ダイヤルサムスロットルアクセラレータスクーターフィンガースロットルアクセラレータホールセンサーほとんどのスクーターモデルの電動スクーター用

電動スクータースピードダイヤル 買い物 高級 ダイヤルサムスロットルアクセラレータスクーターフィンガースロットルアクセラレータホールセンサーほとんどのスクーターモデルの電動スクーター用

電動スクータースピードダイヤル、ダイヤルサムスロットルアクセラレータスクーターフィンガースロットルアクセラレータホールセンサーほとんどのスクーターモデルの電動スクーター用

971円

電動スクータースピードダイヤル、ダイヤルサムスロットルアクセラレータスクーターフィンガースロットルアクセラレータホールセンサーほとんどのスクーターモデルの電動スクーター用

商品の説明

機能:
1。スロットルは電動スクーター用に特別に設計されており、ほとんどのスクーターモデルに適しています。
2。滑り止めと防水のデザイン、制御が簡単、隆起したデザインは加速が簡単で、非常に使いやすいです。
3。頑丈なABS素材でできており、高靭性、高品質、高性能、強力な実用性を備えています。
4。幅を広げて太くしたサムスティックは、耐久性が高く、安全に使用でき、損傷しにくく、耐用年数が長くなります。
5。スロットルフィンガーダイヤルは電子ホールセンサーによって制御され、モーターはDCホールユニットであり、センサー電圧は5vです。パラメータが同じで、ポートタイプと電圧が同じ場合に使用できます。


仕様:
アイテムタイプ:電動スクータースロットルフィンガーダイヤル
材質:ABS +ラバー
重量:約55g / 1.9oz
ホール電圧:5V
取り付け:ハンドルバーの直径:22.2mm / 0.9in
サイズ:ケーブルの長さ:約。 156cm / 61.4in、アクセルの厚さ:約。 2.4cm / 0.9in、フィンガーダイヤル幅:約。 3cm / 1.2in
アプリケーション:ほとんどのモデルに適しており、モーターはホールDCドライブであり、パラメーターは一貫しており、ポートタイプと電圧は同じであり、使用できます。



パッケージリスト:
1x電動スクータースロットルフィンガーダイヤル

電動スクータースピードダイヤル、ダイヤルサムスロットルアクセラレータスクーターフィンガースロットルアクセラレータホールセンサーほとんどのスクーターモデルの電動スクーター用

東洋炭素のものづくり

元素記号C、原子番号6。私たちの炭素の夢は、未来へと無限に拡がります

自然界に広く分布し、紀元前の昔から利用されてきた炭素。無限の可能性を秘めた炭素に魅せられ、私たちは理想の品質を追求し続けてきました。そして 1974年、日本で初めて等方性黒鉛の開発に成功。以来、炭素の可能性は飛躍的に拡がり、数々の画期的な炭素製品が誕生しました。いまや半導体・宇宙航空用途など最先端テクノロジー分野にも広く採用されています。パイオニアメーカーとしての実績をもとに、私たちの活躍の場は世界規模で拡大しています。さらに創造力を磨き続け、社会に貢献できるグローバル企業をめざして。私たちの挑戦は続きます。

製品情報

暮らしから産業までを支える幅広い事業領域

半導体・自動車・産業機械・家電・医療機器・宇宙航空…これらすべて、東洋炭素のカーボン製品が活躍しています。
東洋炭素のカーボン製品は、創業来着実に活躍の場を拡げてきました。多岐にわたる業界の様々なニーズを結実するべく、気が遠くなるほどのトライアンドエラーを重ねてきた結果、現在では暮らしから産業にまたがる幅広い領域をカバーするに至ったのです。